所属・提携アーティスト

Lugz&Jera

プロフィール

唯一無二のスウィートボイスと天性のメロディセンスで多くの聴衆を魅了する男性シンガーソングライター。Stevie WonderやMichael Jackson等のアーティストに傾倒され、大学在学中に音楽活動をスタート。MTVが主催するオーディション番組「STAR TOUR」にてファイナリストを受賞し、その実力を世に知られる事になった。その後、森永製菓WEIDERのオフィシャルチーム「WEIDER BOYZ」としての活動を始め、様々なアーティストとのコラボレーションや楽曲参加を経て、国内における男性R&Bの最高峰イベントプロジェクト「SUGAR SHACK」に参加。コンピレーション「SUGAR SHACK FACTORY」のリリースをきっかけに地元である岡山県にて自身がプロデュースする音楽フェス「MUSIC TRIBE」を立ち上げ、地元音楽シーンの活性化にも力を注ぐ。

2013年自身で立ち上げた独自レーベル「LUGZ STAR RECORDS」より1st Mini Album「LUGZ&JERA」をリリース。先行配信されたDigital Single「逢いたくて〜Stay with me〜」がiTunesダンスチャートにて第二位を獲得、続く「LUGZ&JERA」ではiTunes R&B/SOULチャート第三位を獲得し多くの反響を得た。2013年に入り、自身の故郷である岡山県高梁市の女子なでしこサッカーチーム「FC吉備国際大学Charme」の公式イメージソング「Start Line」を楽曲制作し新たな試みとして「第一回高梁音楽祭」を主催。音楽で地元活性に貢献したとして高梁市長より「高梁市伝えたいし」を委嘱される。更に同年10月、岡山県の経済や文化に寄与したリーダーを部門ごとに受賞する「OKAYAMA AWARD2013」において、同県出身の中西圭三やまきちゃんぐ、荒牧陽子に継ぐ「特別音楽賞」を受賞。

2014年には自身3枚目となるmini Album「LUGZ&JERA.Ⅲ」をリリース、iTunes R&Bチャート第一位・アルバム総合チャート最高位十一位を獲得する快挙を遂げた。同アルバムからは、イトーヨーカドー岡山店専門店街のCMソング"Happy Song"や、 自身がパーソナリティを務めるラジオ・プログラム「MUSIC TRIBE RADIO」のテーマソング"MUSIC TRIBE"などが決定。現在も各メディアにてプレイされている。

岡山県内・外のみならずアジアでの活動も行っており、アーティストとして活動の幅を広げる今後に、多方面から更なる注目が集まっている。

+LUGZ MUSICオフィシャルサイト: http://www.lugz-music.jp/